MAT最新ニュース

カラーリリーサーはしっかり落としましょう!!

認定登録施工店様から、「2、3年前にマットスタンプの施工した物件の一部で色が落ちる」という報告がありましたので、その原因と補修方法をご紹介したいと思います。
マットスタンプの補修方法1
これは、カラーリリーサーで色調整を行い、洗いをほとんど行っていないために起こってしまった現象です。
摩擦や雨風の影響で表面のカラーリリーサーが取れ、下に埋もれていたカラーハードナーの色が出現したために、不自然な見た目になっています。
 
あくまでカラーリリーサーというのは、窪んだ部分に色をつけるシャドーカラーで、色のベースはカラーハードナーでつけなければいけません。
 
というのも、カラーハードナーはコンクリートで頑丈なため色落ちも少ないですが、カラーリリーサ―に関しては、液体ということもあり、どうしても限界があります。
 
しかし、カラーリリーサーも窪んだ部分であれば、摩擦を受けることも少ないので色落ちはほとんどなく、きちんと色は残ります。
 
カラーリリーサーは凸の部分はしっかり落として、凹んだ部分にだけ残すようにしましょう!!
 
2012_0224_2_20120224151922.jpg
濃い色での仕上がりを希望の場合は、カラーハードナーの色を変えて調整して下さい。(このケース場合は、「クリーム」→「シナモン」)
マットスタンプの補修方法3
カラーハードナーの色が取れ、白っぽくなってしまっています。これは、カラーハードナーの擦り込みが甘かったのではないかと考えられます。
このケースのように、「クリーム」、「ホワイト」、「アドビバフ」のような薄い色のカラーハードナーを使う場合には、通常より2割くらい多めに撒くというのと、しっかりと擦り込みを行うということを心掛ければ、このようにカラーハードナーの色が取れてくるというのは防ぐことが出来ます。
2012_0224_4_20120224151922.jpg
補修方法としては、ティント着色をして、周りの色と馴染ませ、乾いたら上塗りシーラーorツヤ無シーラーを塗れば完了です。
また、施工後3~5年に1回程度シーラーを塗ることをお勧めします。そうすることで、施工時の状態に近い状態に戻すことが出来ます。
加盟についてはこちら

認定施工店が全国で活躍しています!