MAT最新ニュース

モールド「ビシャン」とハンドチセルの加工方法

20150529_1.jpg
シームレス(ビシャン)を施工する時には注意点がありました。モールド(大サイズ)の端が直線であるため、型押しを行った際にラインが入る場合がありました。そこで、今回モールドの改良方法をご紹介します。
 
サンダーで端部分の直線をランダムに削り、次に重みを無くすために裏面の端部分の厚みを削ります。このおかげで、ラインがほぼ気にならない程度に改良することが出来ます。シームレス「ビシャン」を購入された方につきましては、サンダーで簡単に加工出来ますので、挑戦してみて下さい。
 
「ビシャン」は、ナチュラルソイル(自然な土)の施工時に使用しますので、人気が出てきています。まだ、施工していない認定登録施工店様は挑戦してみて下さい!!
 
20150529_2.jpg
20150529_3.jpg
20150529_4.jpg
加盟についてはこちら

認定施工店が全国で活躍しています!