よくある質問

クラックボンダーを購入したいが、どれくらいの量を注文したらよいですか?

コンクリートのひび割れ補修の必要量の算定は非常にあいまいです。
と言うのも、コンクリートごとにいろいろなケースが考えられるからです。
タイトで簡単に止まるものもあれば、中が空洞でどんどん浸透してしてしまうコンクリートもあります。

【1~2ミリ幅のひび割れ補修の目安】
・クラックボンダー50で、約1~2メートル程度の施工。
・クラックボンダー600で、約10~30メートル程度の施工。

【5~10ミリ幅のひび割れ補修の目安】
・クラックボンダー600使用で、約10~15メートル程度の施工

※あくまで目安となりますので、補修工事を業としている場合は、安全をみて
 上記の 50%程度の余裕を持ったご注文をお勧めしております。
※施工時には、必ず「接着補強材」を使ってください。
 強度を上げ、クラックボンダーの使用量を抑える役割があります。

大規模な補修の場合は、試しにクラックボンダー600を1セット使用して、
実際にどれくらい必要か算出してから必要量を割り出すことでロスを減らせます。

加盟についてはこちら

認定施工店が全国で活躍しています!