MAT最新ニュース

薄吹きベーススプレーのご案内

title.jpg
main1.jpg

マットスプレーの新しい工法「薄吹きベーススプレー」をご紹介します。
「コテ塗り」で行っていたベースコートを、ホッパーガンで薄く吹付ける工法を考案いたしました。ベースコートをすることにより目地の均一化がはかられ、またメリハリがきいたデザインに仕上がリます。

kote.jpg
① 厚みがあるため、乾くまでに時間がかかる
② コテむらが出来るため、その削り補修作業が発生する
③ コテによる作業は、慣れていない方にとって難易度が高い
mogu.jpg
hoppar.jpg
① ホッパーガンにより誰でも簡単に早く施工が出来る。
② 薄吹き出来るため、乾燥が早く、次の施工を進めやすくなった。

sekou.jpg

① 下地処理、バインダー塗布、養生までの工程を施工した後に、薄吹きベースコートを行います。
② 薄吹きベース材として吹付けるネタを作ります。ポイントは、バインダーと水の量を3リットルずつ投入することです。
スプレーハードナー1袋あたり、25㎡程度の面積を吹付けることができます。
neta.jpg
③ ネタを吹付けます。ポイントは厚みを薄く吹付けることです。やや圧力をかけ、ガンを地面より60cm~70cmの高さから吹付けると均一に薄く吹付けることが出来ます。ネタで厚みをもたせる訳ではなく、着色するようなイメージで吹付けて下さい。
spray_201604011709523ce.jpg
④ 乾いたら、ステンシル目地を貼り付けてください。この後の工程は従来の手順通り行って下さい。
加盟についてはこちら

認定施工店が全国で活躍しています!